TAKA blog

印刷業界の仕事の愚痴ブログやただのブログ

日頃の行いが・・・

とある日、データ不備の状態で下版してしまい印刷まで行ってしまった時の話

 

後輩が営業の指示で文字修正をしてと言われデータ修正して下版した所、文字修正をした隣のページに文字修正したページのバックのアミが少しかぶってしまった状態で印刷までいってしまった。

 

どうやら文字修正した時にバックのアミが動いてしまったようだ。

 

その後輩もウチの担当営業も、依頼したクライアントも文字修正部分しか見てなかったらしく、そのまま下版まで行ってしまったようです。

 

印刷部数も多く、ウチの担当営業はどうしよーと恐る恐るクライアントに報告。

 

そのズレてしまったあみはとても薄いベージュ色で目を凝らして見ないと分からないレベルの為かクライアントは、

 

「あーもうこれでいいよいいよ」とあっさり納得して事無きを得た。

 

この後輩は以前にもあるデータを間違えて同じデータを2重に貼り込んでしまい、実際のデータより罫線が太った状態で印刷されてしまった事がありましたが・・・

 

担当営業があわわ。゚(゚´Д`゚)゚な状況でしたが、これもクライアントが、「ああーもうこれでいいよ」と言って頂いてこの案件も事無きを得ました。

 

こうも何度も危機を回避している後輩を見ていると、この後輩は何か強運な星の元に生れた選ばれた人間か!!とか思ってしまい・・・

 

自分ではここまで連続して危機回避して、うおうツイてるぜ!!!て事は・・・まあ無いでしょう。

 

はい!だめーーやり直し!!!、始末書よろしく!!・・だな。

 

ちなみにこの後輩はとても真面目で、仕事をふっても文句一つ言わずに仕事をこなすとてもいい子・・・・

 

やはり日頃の行いがこのような結果を生むのだろうか・・・・

 

まだまだ自分は後輩からも学ぶ事が多いようだ・・・・

 

精進します・・・